耳は萌えるんだけど、みんな猫耳モノを通して、飼い猫自慢をしすぎだよね^^;

ケモミミ作品はあくまでケモミミ作品であって、現実の猫可愛いにシフトしすぎてるのは違うというか
作者さん猫ちゃん可愛がってるんですね…というのを、美形キャラの恋愛の中に見たくないというか
それはそれで、最初から、恋愛とか抜きの猫可愛い漫画として描いてくれ

猫は可愛い、それは同意してるんですよ
ただ、『猫耳生えたキャラ可愛い漫画』だと思ったら、『猫可愛い漫画』だった時のモヤモヤ感
僕はリアルの猫をそういう目で見ていないから…

『彼氏を参考にしました☆^^』は怒られるのに、飼い猫だと許される不思議

、思ってしまうのも、僕が犬派だからだろうか
そういえば、犬耳モノで、作者さん飼い犬を投影しすぎな作品を読んだ覚えがない
というか、そんなに多く犬耳モノを読んでない

犬耳は不人気、認めざるを得ない
あれよな、年下のデカい金髪攻めに、たまに生えるくらいよな


固定概念問題
犬=がっしりしていてかっこいい、攻めっぽい
猫=しなやかで華奢で可愛い、受けっぽい
そういう固定概念がある
でも視覚ハウンドとか細いやん!!



デザイン上の問題
犬というのは、猫よりも多様性に富んでいるため、特定のシルエットという物がない
それが、モチーフとしては取り入れにくい
猫の場合、三角の耳と、細長い尻尾を付ければ猫耳とわかるけど
犬はそうはいかない
の耳と尻尾つけたイラスト見て、犬と気づける自信がない



鳴き声問題
猫耳モノのでは、エロシーンで受けに『にゃあ』と言わせるのがクライマックスです
これが犬耳だった場合、『わん』と言わせるのは、何か違うプレイの気がする

人間は驚いた時、ぎゃあ!とかぴゃあ!とか言う、これは四捨五入して、にゃあみたいなもんだ
でも驚いた時、わん!って言う人は聞いたことがない
人間の口から自然と漏れ出る声としては、不自然なのだ
これでは喘ぎに組み込めない…
そこで、『わん』路線ではなく『くぅん』路線でいくのはどうでしょう
犬っぽさと、喘ぎとしての自然さを両立していますよ


にかく、ケモミミが好きなんだよ
もっと挑んでいこうよ、Hな犬耳を書こうよ
うさ耳でもいいよ


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ


人から、誕生日プレゼントに某泥棒のフィギュアを戴きました
♥ありがとう♥























がビデオカメラで細身のスーツ姿に白手袋、とてつもなくフェティッシュです…
始めて映画館で観た時、こんなセクシュアルな映像を流してよいものか!?と思いましたが
僕以外はなんとも思っていないらしい
うーん

フェティシズムの原義は、生命を持たない物への興奮であるので
肉から離れるほどフェティッシュと言える
僕は無性愛者ゆえに、性愛者よりもずっとフェティシストだ


”肉体の美しさはただ皮膚にあるのみだのに、なぜ我々は汚物袋を抱きたがるのか”
と言ったのはオドン・ド・クリュニーであるが、僕はヒトの皮膚も苦手です

僕は人体の美しさを、ただ造形にのみ見出している
皮膚や肉、粘膜や、臓物は愛せません
もっと言えば、吐息や鼓動、体温も気味が悪い
美しい被毛を持たない人間が、着衣をするのは当然のことだ

の窃視症患者にもムラムラはするけど
これといった欲望の具体性はない

肌が見えない、声を出さないという非・人間性が重要なポイントなので
彼をどうこうするみたいなHな二次創作はちょっと違う
まあ読むんだけどさ


にほんブログ村 哲学・思想ブログ 哲学へ

萌えvsエロ


場人物が筋骨隆々の益荒男である、と再三書かれたゲイエロ二次小説を読みました
その原作を知らなかったので、画像検索してみたら、普通に女性向けのイケメンキャラだった
……^^;
ジェンダーやセクシュアリティに関係なく、フィルターという物は存在するのだな…



まりオタク用語に詳しくない人の中には、萌え=性欲だと思ってる人も多い

ただ、これははっきり別の物だと言い切れる
美少女が彼シャツを着ているのも萌えだが、子犬が舌を出しているのも萌えだ
そして後者にエロスはない

萌えというのは感覚的な物なので、胸キュンとかに近い
死語を死語で例えるのはどうかと思うけど


えとエロは確かに似ている
萌え対象が人であった場合、99%の確立で、エロスも感じられるからだ
そしてもちろん、萌えとエロスは両立できる
でも、究極的に『萌えを追求した作品』『エロを追求した作品』では内容が大きく異なってくる



ャラA×キャラB作品で、キャラBがモブにレイプされそうになるけど、挿入直前にAが助けに来て、お清めSEXをする

このお約束展開に、作者の心の中の『対立する萌えとエロスの葛藤』が見て取れます

わかりますか?この作者が萌えるのはA×Bで、エロスを感じるのはモブ×Bなのです

『A×B萌えー!でもやっぱモブエロが一番抜ける、でもBちゃんの穴はA専用だし、うーん…』
となって悩んだ結果、AB前提のモブエロ(未遂)、お清めという形で手打ちになる
でもこれはまだいい方です

もっと酷いのだと『モブエロ書きたいけど、Bちゃんの穴はサンクチュアリ…』と考えた末、サブカプC×Dの、受けDが犠牲になったりする
作者の歪んだ性癖とメインカプの幸せのために、性的サンドバッグにされるサブ受けさんすごい可哀想(´・ω・`)

憫なサブ受けの話はおいといて、とにかく、究極の萌えシチュと、究極のエロシチュは食い違いがちなものです
そんな時に、いかにエロと萌えを上手く調和させられるか?
というのが、書き手の腕の見せ所ですね

まあそれが上手くいってないの込みで楽しんでるんで、どっちでもいいです

にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ

当て馬頑張れ判官贔屓



て馬が、番外編で他キャラとくっつく
あれみんな正直どう思ってるんだろう

あんなに…好きだったのに…
すぐ別キャラと…


当て馬にも幸せになってほしい気持ちはわかる
でも、本編における攻めor受けへの想いと、釣り合っていないと説得力がない

例えば、攻めの幼馴染で20年ずっと好きだった、みたいなキャラが
フラれた後すぐ、出会ったばかりの男とくっついたりするのはなんだかなぁ
やっつけ感というか、作者都合のためハッピーエンドという感じがしてしまう


に攻めの場合、メイン攻めより、当て馬の方を応援してしまうことが多々ある
BLの攻めは顔が良くて金を持っている分、大体人格に問題がある
受けさんには、是非ともまともな男とくっついてほしい…


傲慢な攻め様×受け←受けの親友

この設定の時って、大体親友の方が攻めよりいい男な気がする

話の大部分が、受けが親友に悩みを相談するシーンで、合間に攻めとのエロシーンが入る
その間、攻め受けの精神的な交流はほとんど見受けられない

攻め受けの好感度が低いままクライマックス、親友の『ずっと受けが好きだった』発言
さすがにこれは親友ルートだろ…と思いきや

乱入してきた攻め『今気づいた!受けを愛してる!』
受け『嬉しい!僕も!』
工エエェェ(´д`)ェェエエ工


結論:SEXに勝る物なし


僕の調べではBLの8割がレイプスタートですが
BLでは抱いたもん勝ちのルールなので、当て馬は受けへ誠実であることを忘れましょう
狂った世界ですが、それがフィクションなのでね…


にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説読書感想へ


多分史上初!潔癖症無性愛者によるスカトロ考察!



カトロを上品に考察してみよう
マニアックな性癖の筆頭に挙げられるのが、おそらくスカトロだと思う
僕はその道の愛好家ではないが、理解し難い性癖ではない
非常に原始的な趣味だと思う



あくまで礼節を保ち、”観察者”としての意見を書くつもりですが
それでもこのジャンルが苦手だという方は、すみやかにブラウザバックをお願いします





私的考察による、精神成熟度段階別スカトロ分類

↑肉体的↑

真正・汚物嗜好スカトロ
純粋感覚的に、屎尿を好むという人もいる
行為よりも、その物が好きというタイプ


幼児性スカトロ
うんちちんちんの子供の心を持ったまま、性欲を発達させた人
タブーへの好奇心、他者からの反応を求めていると思われる


疑似オーガズムスカトロ
排泄を射精に見立て、排泄行為にオーガズムを求めるタイプ
潮吹き・噴乳フェチと根本的に似ている
実際に、排泄時に肉体的快楽を感じているのかもしれない


背徳的スカトロ
”忌避されるべき物”としての排泄物愛好者
これは排泄物=悪という、社会的な価値観が前提なため、裏を返せばある種のモラリストである
幼児性スカトロジーの延長


精神効果的スカトロ
排泄行為によってもたらされる、羞恥や屈辱/苦痛に興奮を覚える、SM的スカトロ
これが一番理解されやすいかもしれない


ロマンティックスカトロ
排泄物さえ受け入れる、ということに究極の愛情を見出すタイプ
最も汚れた、醜い部分を暴露し、許されることにより、安心を得る


↓精神的↓


かく分ければもっとありますが、とりあえずはこんな感じでしょうか
決して『どうしてそうなった??????』というような不可思議な性癖ではないですよね

裸の女性とミツ○ンの酢を並べた絵ばかり描く人とか
宇宙人に攫われてHな尋問をされている内に、地球が滅亡しているシチュエーションじゃないと駄目な人とかのような、摩訶不思議オンリーワンエロスとは言えない

排泄を良しとするか否とするかは別として、生において、根源的な物であるのは確かだ
そして、生とはすなわち性である

れはグロとかマニアック系全てに言えることだけど、二次ファンとリアルでファンでは重みが違いますね^^;
みんな、マナーを守って楽しんでね

これはもう真剣に研究してる人いそうだな


♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥♥
にほんブログ村 BL・GL・TLブログへ
ブログランキング参加してみましたが、このカテゴリであってるのかわかりません…

ガチの人からのご意見でした


SMプレイはSMではない

何を言っているんだと思うだろうけど、ちょっと我慢して読んでほしい


サディズム/マゾヒズムを、安全の保障された上での”プレイ”に収めるということは矛盾している
相手に一生消えない傷を付けたい、人生を破壊されたい、なんていうのは既にプレイの範囲を超えているのだから

ゾヒストの女性のエッセイを読んだが、彼女はSMプレイには興味がないと書いていた
いわく、暴力を振るわれることに必然性がなければいけないのだ
SM”プレイ”という、SEXの最中のみの儀式的・予定調和的な行為には、真のサディスト/マゾヒストが満足することはないだろう

SMプレイというのは、サディスト/マゾヒストになり切ってSEX楽しむという、ロールプレイの一種として捉えるべきです


っと、SMという物に感じていた違和感はこれだろう
僕は病的なサディストかつマゾヒスティック人格障害者だけど、鞭でしばいたり、エナメルの衣装を着ることは、何だか馬鹿々々しいと思ってしまう

これはSMに限った話ではないけど、何かのお約束をなぞる、というのはただのロールプレイであって、真の実践者というのは、常に開拓的なものです
もっと個人的で、オンリーワンな拘りを持っているのが真のSM者のはずだし、僕もそういうのが見た

まあ僕はロールプレイなSM物も嫌いじゃないけど^^
他人の性癖は大体食える

変態殺しの最適解


ロゲーのキャラとかを友達と見ていて『この中でどの子が好きー?』って話題になった時
まともな子が好き、っていうと以外がられる

変態だからって変なキャラが好きだと思うなよ



くまで憶測ですが、変態ほど、その変態嗜好の相手としては、まともな人を好む


ホラー映画とかに出てくる快楽殺人鬼は、まともな人からの『キャー助けて―』的な反応を求めている
ノリノリで『どっから切る^^?』とか『俺の脾臓にションベンかけてくれ!』とか言われたら多分萎えちゃう
そういう人も嫌いってわけじゃないんだけど、それならそうと最初から言ってくれないと、変態にも段取りがあるから
そこそこの判断力と一般的な感性の持主を想定しているんだ、異常性で上回ってこられたら困る
基本的に、変態は融通が利かないんだ


エロもそうです
まともな、むしろそういう変態的なのが苦手くらいの方が萌える
初心で真面目なキャラからの『くっ…殺』が嬉しい

もしかして、変態ほど変態耐性が低いのかもしれない
サドは痛みに弱いと言う、それと似ている


れは何らかのライフハックになるかもしれないな
相手の異常性を上回れば、生き残れるとまでは言わなくても、敗北感は与えられる
でもマゾの淫乱好きもいるから気を付けよう